独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

飼料作物種子配布について

最終更新日 2017/05/25

質問の画像
なぜ平成23年度から配布手続きが変更されたのですか。
回答の画像
政策評価・独立行政法人評価委員会の「独立行政法人の主要な事務及び事業の改廃に関する勧告の方向性について(平成22年11月26日)」において、『競争性のある手続を経て配布を行うものとする。』との指摘を受けて、平成23年4月1日付けで「独立行政法人家畜改良センター業務方法書」を改訂し、従来の申請による配布手続を、入札による配布手続に変更したためです。
質問の画像
どのような入札方法になりますか
回答の画像
一般競争入札になります。詳しい内容については、「調達情報」の「入札情報」ご確認下さい。
質問の画像
増殖用種子とは何ですか。
回答の画像
家畜のエサとなる飼料作物(イタリアンライグラス、青刈トウモロコシ等)を生産するために、畜産農家などが畑にまく種子を作るためのもと種子を増殖用種子と言います。
このページの先頭へ