独立行政法人
家畜改良センター兵庫牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼育方法

バーコードを利用したデータ管理方法

最終更新日 2017/03/17

兵庫牧場では個体ごとに産卵個数を記録し、産卵率を調査しています。毎日のデータ収集にバーコードリーダー(データコレクタ)を用いることで、作業効率が向上し、データ管理にかかる時間を短縮することができます。  
集 卵 作 業


               ■バーコード導入前■                                     ■バーコード導入後■

           室(鶏房)ごとに記録表を添付、       室ごとに個体番号をバーコード化して添付。
     産卵した個体の番号を見て記入。               産卵した個体のバーコードを、
                                                                      バーコードリーダーで読み取る。


daityou-mae.JPGの画像
daityou-ato.JPGの画像
4500mai.JPGの画像
2000mai.JPGの画像
               9鶏舎、各室ごとに毎月作成。                  データ保管のためパソコンで両面印刷。
産 卵 伝 票


                  ■バーコード導入前■                                  ■バーコード導入後■
         鶏舎ごとに産卵記録伝票を記入、                 バーコードの産卵データをパソコンに
         合計個数を計算してふ卵係へ。                   インポートすると、自動的に産卵伝票に変換。
                                                                      ふ卵係のパソコンからも閲覧できる。

denpyou-mae.JPGの画像
denpyou-ato.JPGの画像
2700mai.JPGの画像
0mai.JPGの画像
                  各鶏舎ごとに毎日作成。                                      作業自体を削減。
デ ー タ ベ ー ス 作 成


                ■バーコード導入前■                                  ■バーコード導入後■ 
          合計個数を計算して記入。                          産卵記録表も自動的に表示され、
          パソコンのデータベースに手入力。              合計個数もパソコンで計算。
                                                                       データをコピーして、データベースへ貼り付け。

kirokuhyou-mae.JPGの画像
kirokuhyou-ato.JPGの画像
jikan-mae.JPGの画像
jikan-ato.JPGの画像
  • バーコードを利用する際のデメリット
    • 鶏舎内でバーコードの読み取りを間違えても、パソコンにデータを入力するまで確認できない。
    • バーコードリーダーの故障等でデータが削除されてしまった場合、修復が困難。
以上のようなデメリットはありますが、バーコードリーダーの導入で、資源の削減、作業時間の短縮を達成することができました。


【お問い合わせ先】
家畜改良センター兵庫牧場 業務課
TEL:0791-66-0801 FAX:0791-66-0803
このページの先頭へ