独立行政法人
家畜改良センター兵庫牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼育方法

飼料排出量測定装置

最終更新日 2017/03/17

飼料タンクから排出された飼料の量を、飼料搬送パイプ中のオーガの回転数から推定する装置です。飼料計量システムの無い鶏舎で、飼料タンクの残量・飼料摂取量を手軽に把握できます。

作製に必要なもの

デジタル万歩計、リミットスイッチ(2回路、フレキシブルロッド形)、
電線(単線2芯)50cm程度、長ねじ(寸切り)15cm程度

作 製 手 順

sokutei1.jpgの画像
sokutei2.jpgの画像
(1)万歩計のカバーを外します。                         (2)万歩計の振り子の電極に、電線をハンダ付け
                                                                        します。
sokutei3.jpgの画像
sokutei4.jpgの画像

(3)万歩計のカバーに電線を通す穴を開け、           (4)反対側の電線は、リミットスイッチに接続
    元に戻します。                                                します。


sokutei6.jpgの画像

(5)完成した測定装置を飼料タンクに取付します。最初に、長ねじを飼料タンク下部のオーガの
    エンド部分に、ボルトで固定します。
    その後に、長ねじが届く位置にリミットスイッチを固定します。万歩計はビニール袋に包んで、
    落ちにくい場所に固定します。 


(6)取付が終わったら、オーガ1回転あたりの飼料排出量を求めます。
    計量できる程度の飼料を排出し、設置した測定装置の万歩計カウント数を確認して下さい。
    排出量÷万歩計カウント数=オーガ1回転あたりの飼料排出量となります。


※搬送パイプ中が空の状態から測定を開始する場合は、まず飼料を100kg程度排出させて
   排出量を安定させてから、測定して下さい。
   また、万歩計は99999カウントすると0に戻ってしまうタイプが多いため、カウント数を確認
   したら0に戻して下さい。


  • このアイディアを取り入れた時のメリット
    • 目視よりも高い精度で、飼料の残量を確認することができます。(誤差約2%)
    • 飼料タンクに上ることなく、安全・簡単に飼料の残量を確認することができます。
    • 安価に作製できます。(1台5,500円程度)
    • 鶏の飼料摂取量の把握にも役立ちます。


【お問い合わせ先】
家畜改良センター兵庫牧場 業務課
TEL:0791-66-0801 FAX:0791-66-0803
このページの先頭へ