独立行政法人
家畜改良センター兵庫牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼育方法

搬送レール(改良型)

最終更新日 2017/03/17

幼すう舎から育すう舎への鶏舎移動にて移動カゴを用いる場合の、省力化・作業効率改善に有効な搬送用レールの作製方法を紹介します。改良型は、従来型より軽量・安価になっています。
従来型の詳しい説明はこちら。別ウインドウで開きます
[PDFファイル:313.9KB]

作製に必要なもの

塩ビ管(32φ、25φ)、ソケット(30φ)、鉄板、塩ビ管接着剤、ネジ

作 製 手 順

rail2.jpgの画像
rail3.jpgの画像
(1)25φの塩ビ管を長さ30cm程度にカット、         (2)ソケットの一部をカットし、ネジで鉄板に
    切込みを入れて32φの塩ビ管に接着します。          固定します。
rail7.jpgの画像
rail4.jpgの画像

(3)塩ビ管をつなぎ合わせ、ソケットの上に乗せて    (4)取り外しも簡単です。
    体重をかけてやると簡単に取付できます。               鉄板に体重をかけて塩ビ管を引っ張ります。


  • このアイディアを取り入れた時のメリット
    • 改良型は、従来型より更に軽量かつ安価になりました。
    • 運搬作業の省力化・効率化が図れます。
    • 分解してコンパクトに収納できます。

rail.PNGの画像
rail6.jpgの画像
rail5.jpgの画像
1カゴで約20kgありますが、この運搬レールを      運搬車への積込には、従来型との併用が便利
使うと1度に5カゴ(約100kg)を運搬できます。      です。(外枠があるのでカゴが脱落する心配
                                                                    がありません。)
 
rail1.jpgの画像
改良型(手前)は分解して収納できるので、
従来型(奥)よりも収納場所をとりません。



【お問い合わせ先】
家畜改良センター兵庫牧場 業務課
TEL:0791-66-0801 FAX:0791-66-0803
このページの先頭へ