独立行政法人
家畜改良センター兵庫牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

まめ知識

野鳥飛来状況モニタリング<2020秋~2021春>

最終更新日 2021/10/07

2021年3月

202103Aa_r0417.jpgの画像
3月2日,福岡県福岡市:ホシハジロ死体からH5亜型ウイルスが検出されました.
3月3日,栃木県栃木市:ノスリ死体からH5N8型ウイルスが検出されました.
202103Bb_r0417.jpgの画像
3月13日,栃木県芳賀町:養鶏場でH5N8亜型ウイルスによる発生がありました.
3月17日,福岡県福岡市:ホシハジロ死体からH5亜型ウイルスが検出されました.
3月19日,岩手県北上市:オオハクチョウ死体からA型ウイルスが検出されました.
202103Cc_r0512.jpgの画像

2021年4月

202104Aa_r0520.jpgの画像
202104Bb_r0520.jpgの画像
4月12日,北海道芽室町:ハクチョウ死体からH5亜型ウイルスが検出されました.
4月20日0時,高病原性鳥インフルエンザ発生農場の今季最後の移動制限が解除されました.
202104Cc_r0527.jpgの画像

2021年5月

202105Aa_r0603.jpgの画像
202105Bb_r0603.jpgの画像
202105Cc_r0616.jpgの画像
北海道釧路管内(ヒドリガモ)と根室管内(ハシビロガモ)が観察されています.本州では,調査6県で留鳥であるカルガモが見られています.
このページの先頭へ