独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場

家畜改良の推進、優良な種畜の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

衛生・防疫体制

最終更新日 2017/06/22

茨城牧場の衛生・防疫体制

防疫体制の画像
近年、我が国においては、養豚経営に悪影響を及ぼすオーエスキー病(AD)、豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)、豚サーコウイルス関連疾病等の伝染病が蔓延し、各農場での適切な防疫対応が重要となっています。
当場では、過去のオーエスキー病の侵入・清浄化、検疫によるPRRS摘発等、実際に発生した防疫に係る経験を基に、より強固な防疫体制の構築に取り組んできました。
このページでは、当場における現在の衛生・防疫体制について紹介いたします。

●メニュー●

このページの先頭へ