独立行政法人
家畜改良センター岩手牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼料生産・環境対策

飼料生産・環境対策

粗飼料生産

最終更新日 2023/10/30

岩手牧場では遺伝的能力の高い乳用牛約800頭(うち搾乳牛約300頭)を飼養するため、約400haの飼料生産ほ場にイネ科牧草やマメ科牧草、トウモロコシを作付けし、乾牧草(ロール形態)及びサイレージ(細断型主体)等に調製しています。

soshiryou00の画像
samuneiruの画像岩手牧場の粗飼料の収穫作業を動画で見ることができます。(Youtubeへリンクします。)別ウインドウで開きます
粗飼料生産収穫実績(令和4年度)
飼料区分 収穫延べ面積(ha)  生産量(TDNt)
1.イネ科牧草(乾牧草)  253 431
2.イネ科牧草(サイレージ)  209 319
3.マメ科牧草(アルファルファサイレージ)  179 289
4.飼料用トウモロコシ(サイレージ)  90 776
計  731 1815

粗飼料生産スケジュールと生産工程について

現在はTMRによる給与体系となっていることから、細断型サイレージを中心に粗飼料生産を行っています。
特に、作業効率向上やサイレージの品質向上を図るため、当場では、チューブバックサイレージの生産割合が年々増加しています。
このページの先頭へ