独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

伝染性疾病の発生予防

最終更新日 2017/05/25

伝染性疾病の発生には、「宿主」(ヒトや家畜)、「病原体」(細菌やウイルス)、「感染経路」(咳やくしゃみなどの飛沫、或いはネズミや渡り野鳥等の動物など)の3つの要因が必要です。このうちの1つでも欠ければ感染は成立せず、伝染性疾病は発生しません。センターでは、「病原体」の排除、「感染経路」の遮断に取り組み、「健康で病気に強い家畜」を育てることで、伝染性疾病の発生予防に努めています。
疾病の発生についての画像

感染経路の遮断(病原体の侵入防止)

  • 場内の出入りは、専用ゲートを利用します。
  • 特定の車輌だけが入場を許可され、出入りの都度消毒を実施します。
専用ゲートでの車両の消毒の画像

病原体の排除

  • 病原体排除のため、畜舎は定期的に清掃・消毒します。
畜舎の清掃の画像

  • 家畜の糞尿は、微生物を利用した発酵処理により、堆肥化されます。
糞尿の発酵処理の画像

家畜の健康管理

  • 飼養している家畜は、定期的に採血・採糞を行い、伝染性疾病に感染していないか検査します。
検査のため牛から採血しているところです。の画像
検査のため牛から採血しているところです。

糞便も採取します。の画像
糞便も採取します。

畜舎周辺の環境も調査します。の画像
畜舎周辺の環境も調査します。

  • 採取した血液や糞便等は、センター内の検査室で細菌培養や血清反応等の検査を実施します。
細菌検査をしているところです。の画像
細菌検査をしているところです。

血清検査をしているところです。の画像
血清検査をしているところです。

外国からの研修生の実習も行われます。の画像
外国からの研修生の実習も行われます。

このページの先頭へ