独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

ジャージー種評価に用いるデータの範囲と評価方法

最終更新日 2016/03/23

データ範囲

a)検定牛
  • 父牛が明らか
b)乳期について
  • 初産から5産
c)日記録について
  • 2回搾乳
  • 分娩から305日以内
  • 同期記録が存在

評価方法

 個体毎の泌乳曲線の違い、および個体間の血縁関係を考慮した変量回帰テストデイモデルにより、毎月の検定日記録を直接利用しています。

評価モデル
  • y= HTDT +ΣA・w +Σu・w +Σpe・w +e
ただし、
y 日乳量または乳成分量
HTDT 牛群・検定日・搾乳回数(母数効果)
A 分娩月齢(母数効果)
u 個体の育種価(変量効果)
pe 恒久的環境効果(変量効果)
e 残差(変量効果)
w (1 φ1(t) φ2(t) φ3(t) φ4(t) exp(-0.05t))と表される母数回帰式

遺伝率

遺伝率
形質 遺伝率
乳量 0.49
乳脂量 0.43
乳蛋白質量 0.46
無脂固形分量 0.47
体細胞スコア 0.37

遺伝評価値の表示

a)乳量および成分量
 変量回帰テストデイモデルでは搾乳日数毎の育種を価推できることから、305日目までを積算することによって、推定育種価(EBV)を表示しています。また、ホルスタイン種の評価と同様、ベース年生まれの雌牛集団の平均をゼロとして表示します。

b)乳成分率
 乳量と乳成分量のEBVから間接的に算出します。下記は乳脂率の例です。
    nyuseibunの画像
ただし、
EBVF% 乳脂率のEBV
EBVF 乳脂量のEBV
Fbase 乳脂量の全平均
EBVM 乳量のEBV
Mbase 乳量の全平均
※無脂乳固形分率、乳タンパク率についても同様の方法で計算されます。

c)信頼度
 評価値の信頼性をはかる目安として、乳量についてInformation Source Method(Haris and Johnson, 1998)により計算しています。一般に信頼度は、記録数が増えるほど、血縁関係にある個体が増えるほど大きくなります。
d) 乳代効果
 ホルスタイン種の能力評価に用いられるものと同じ牛群検定平均乳価(乳脂率3.5%、無脂固形分率8.3%に換算)を利用して乳代効果を算出しています。

遺伝ベース

 ホルスタイン種評価と同様、5年ごとに移動するステップワイズ方式とし、2016-3月評価から、2010年生まれの雌牛の評価成績を基準値(ゼロ)として表示しています。
このページの先頭へ