独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

~肉用牛~ 種畜等の供給

最終更新日 2017/05/25

近年、課題となっている肉用牛の近交係数の高まりを抑えるため、黒毛和種、褐毛和種及び日本短角種についてそれぞれ遺伝的に多様な牛群を整備しつつ、種畜等の供給を行っています。
このうち、黒毛和種の精液採取用種雄牛については、家畜改良センターのHP上において、例年6月頃と11月頃の年2回、貸付入札のための公告を行っています。

家畜改良センターで生産した種雄牛の紹介

家畜改良センターでは、これまで遺伝的に特徴ある牛群を維持するとともに、民間等では取り組み難い高度な畜産技術を活用し、優良な種畜等を生産・供給してきました。
これまでに家畜改良センターが生産した主な黒毛和種の種雄牛を紹介します。
このページの先頭へ