独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

~乳用牛~ 種畜の生産

最終更新日 2017/05/25

家畜改良センターは、我が国の飼養環境に適した優良な種畜を作出するため、多様な育種素材や民間では取り組み難い高度な技術等を活用しつつ、乳器や肢蹄、泌乳持続性の向上に努め、生涯生産性に優れた種畜等を生産しています。

ドナー検定(ステーション検定)について

種畜等の生産には、遺伝的能力の優れた雌牛を母親に用いています。しかし、雌牛の場合、後代の数が限られており、種雄牛ほどの遺伝的能力評価の信頼性を確保することが難しいことから、母牛の選抜に際し誤った選択のおそれがあります。
このため、これを少しでも解消する方法として、高い遺伝的能力が期待される雌牛を同一場所に集め、飼養管理環境を同一にし、泌乳・体型能力の調査を実施することにより、可能な限り環境要因を排除し、優秀な雌牛をより正確に判別して、種畜等の生産をしています。
ドナー検定(ステーション検定)についての画像

(1)生涯生産性の高い種畜等の生産(未経産採卵技術を活用した取組)

多様な育種素材を導入し、生産された雌子牛を育成し、初産次のドナー検定を行い、優秀な雌牛を判別するとともに、受精卵移植技術等の高度な技術を活用して改良スピードを上げ、種畜等を生産しています。

(2)泌乳持続性の高い種畜等の生産(経産牛採卵技術を活用した取組)

3産次までの泌乳持続性を明らかにするドナー検定を行い、優秀な雌牛を判別するとともに、受精卵移植技術等の高度な技術を活用して種畜等を生産しています。
障害生産性の高い種畜等の生産システム 泌乳持続性の高い種畜等の生産システムの画像
このページの先頭へ