独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

中央畜産研修施設のご案内

受精卵移植技術指導者研修

最終更新日 2017/10/26

研修の目的

近年、家畜の受精卵移植技術に関する著しい進展に対応し、都道府県、農業団体等の受精卵移植技術の指導的立場にある技術者に受精卵移植技術に関する最新の技術を付与することにより、受精卵移植技術の向上を図ることを目的として実施しています。

平成29年度 受精卵移植技術指導者研修

研修内容及び期間

参考: 「平成29年度実施計画」 [PDFファイル:222.2KB]

実施場所

(独)家畜改良センター
〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1番地
TEL:0248-25-7060 FAX:0248-25-6755

受講者資格

  • 獣医師又は家畜人工授精師の免許を有している者
  • 地方公共団体又は農協等の職員であって受精卵移植の指導業務に現に従事している者又は従事しようとしている者 上記1及び2の条件を満たしている者

受講者数

8名程度

受講料

無料(ただし、食費・宿泊に伴う経費は負担していただきます)

受講申込み手続きについて

受講希望者は、該当する都道府県担当部署に「受講申請書」を提出して下さい。
研修の申込みについては、下記の手順で受け付けています。
  • (独)家畜改良センター理事長は、研修実施計画等を決定すると、都道府県知事に対し開催通知をします。
  • 都道府県知事は、開催通知を受けた後に受講希望者を募集します。
  • 受講希望者は、受講申請書を都道府県知事に提出します。
  • 都道府県知事は、受講申請書を取りまとめて、(独)家畜改良センター理事長に申請します。
  • (独)家畜改良センター理事長は、受講申請書を受理した後に受講者を決定し、都道府県知事に通知します。
  • 都道府県知事は、(独)家畜改良センター理事長の決定通知を受けて、結果を受講希望者に通知します。
受講申込み手続きのフローチャート。の画像

受講申請書様式(別記様式1)別ウインドウで開きます
[PDFファイル:76.9KB]
受講申込みに関するお問い合わせは、家畜改良センター 中央畜産研修施設へご連絡いただきますようお願いいたします。
研修についてのお問い合わせ先
(独)家畜改良センター 中央畜産研修施設(企画調整部 技術協力室)
〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1番地
TEL:0248-25-7060 FAX:0248-25-6755

事前アンケート(様式)

受講決定の通知を受けた者は、事前アンケート(様式)を記入後、必ず提出期限までに、郵送・FAX又はメールにて送付して下さい。
事前アンケート(様式)別ウインドウで開きます
[PDFファイル:173.9KB]
事前アンケートの送付先
(独)家畜改良センター 中央畜産研修施設(企画調整部 技術協力室)
〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1番地
FAX:0248-25-6755
Eメール:kensyu※nlbc.go.jp(「※」を「@」に変えてご送信下さい)

宿泊申込み手続きについて

受講決定の通知を受けた者は、(独)家畜改良センター 中央畜産研修施設(企画調整部 技術協力室)あてに、「中央畜産研修施設宿泊届」をメールまたはFAXにより送付して下さい。
中央畜産研修施設宿泊届け様式別ウインドウで開きます
[PDFファイル:220.8KB]
宿泊に関するお問い合わせ先・送付先
独立行政法人 家畜改良センター 中央畜産研修施設(企画調整部 技術協力室)
TEL:0248-25-7060 FAX:0248-25-6755
Eメール:kensyu※nlbc.go.jp(「※」を「@」に変えてご送信下さい)
参考
このページの先頭へ