独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

中央畜産研修施設のご案内

総合討論

最終更新日 2019/04/11

総合討論の目的

中央畜産技術研修は、畜産に関係する地方農政局や都道府県、畜産関係団体の職員を主な対象として実施しており、各研修講座には所属する地域、職場での立場や経験などが異なる受講者が参加する。
このような中央畜産技術研修において、(1)全国各地から畜産技術者が参集する貴重な機会を活かし、(2)バックグランドを異にする受講者が自らの地域等でかかえる課題、問題さらには取組事例を持ち寄り情報交換することを通じ、(3)各地の状況を知るとともに自らの地域等でかかえる課題、問題の解決の手がかりを見いだすことをねらいとして、総合討論を実施する。

総合討論の進め方

総合討論は、グループ討論と全体討論または全体討論のみとし、以下により実施する。

課題に関する受講者からの事前提出資料

  • 総合討論を効率的に進めるため、予め提示されたテーマに関し、受講者から自らの地域でかかえる課題、問題、さらには取組事例の紹介等を記入した資料を提出してもらう。
  • 受講者の事前提出資料は、グループ毎にまとめ開講日の翌日に受講者に配布する。

グループ討論と全体討論

  • グループ討論
    • グループの編成は、原則として1グループ10人以内とする。
    • グループ討論の司会者及び記録者は開講日に受講者の中から指名する。
    • グループ討論は、おおよそ1時間半~2時間とする。
    • 司会者が討論の進行を行い、記録者はグループ構成員とともにグループ討論の内容発表のために討論内容をまとめる。
  • 全体討論
    • グループ発表の司会者は、助言者が行う。
    • 発表は、各グループ毎に5分程度とする。
    • 発表においては、各グループの代表者が討論の内容・結果について発表し、助言者からアドバイス・意見をもらう。

全体討論のみ

受講者からの事前提出資料・発言に対する質疑・応答、助言者のアドバイス・意見を中心として実施する。

平成31年度 総合討論一覧(3講座)

平成31年度 総合討論一覧(3講座)
No 講座名 期間 課題
1 放牧 7月2日~7月4日 放牧推進に当たっての各地域の課題と対応について
2 畜産環境保全(耕畜連携堆肥利用促進) 12月3日~12月5日 研修の成果を堆肥利用にどう生かすか
3 自給飼料 2月4日~2月6日 地域や現場が抱える自給飼料増産の課題
各講座の講義内容等については、「 講座一覧 」をご覧下さい。
このページの先頭へ