独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

海外協力

集団コース年度別研修員数の推移(昭和40年度~平成28年度)

最終更新日 2017/05/25

(単位:人)

年度 コース略称
飼料/草地 牛人工授精       鶏       畜産行政 受精卵移植 双子生産       豚       アフリカ山羊 南西アジア養鶏
昭和40     13             13
昭和41     10             10
昭和42     9             9
昭和43     9             9
昭和44     7             7
昭和45   4 7             11
昭和46   4 11             15
昭和47   4 10             14
昭和48   3 8             11
昭和49   6 7             13
昭和50   5 8             13
昭和51   5 8             13
昭和52   5 8             13
昭和53   5 8             13
昭和54   5 7             12
昭和55   5 8             13
昭和56   5 9             14
昭和57   5 9             14
昭和58   6 8             14
昭和59   6 8             14
昭和60   6 8             14
昭和61   5 8   6         19
昭和62   5 8   6         19
昭和63   6 8   5         19
平成元   6 10   4         20
平成2   7 10   6 7       30
平成3   5 7   5 5       22
平成4   8 8   6 6       28
平成5   10 8   6 6 7     37
平成6   8 8   6 6 7     35
平成7 7 8 9   8 6 6     44
平成8 6 8 9   8 6 7     44
平成9 9 9 9   8 8 8     51
平成10 6 8 9   7   8     38
平成11 5 9 11   8   6     39
平成12 7 9 9   10   6     41
平成13 6 10 9   9   6     40
平成14 5 10 10   8         33
平成15 7 9 8   8         32
平成16 6 8 11   8         33
平成17 7 10 11   8         36
平成18 6 10 9   8         33
平成19 5 11 10         8   34
平成20 7 9 11 9       7 4 47
平成21 6 9 11 9       8 4 47
平成22 6 9 9 9         4 37
平成23 6 11 8 12           37
平成24 7 10 8 13           38
平成25   9 8 12           29
平成26       10           10
平成27       14           14
平成28       10           10
114 315 434 98 148 50 61 23 12 1255
このページの先頭へ