独立行政法人
家畜改良センター熊本牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼料用イネの展示ほ場

最終更新日 2020/01/10

平成31年度(令和元年度)飼料イネ展示ほについて

当場では、本年度も飼料イネの展示ほを設置しております。

今回は、新しい品種として飼料用米向けの「みなちから」とWCS向けの「つきことか」を追加しました。

見学申込は、随時受け付けしておりますので、種苗課(0968-84-3660)までご連絡ください。

(本年度の展示については、各品種完熟期を迎えたことから終了いたしました。11月以降は、パネルなどを活用した室内研修にて対応いたします。)

r01tenziho.JPGの画像


本年度の経過を紹介します。
○種子消毒・浸漬
 播種前にMEP乳剤1000倍+イプコナゾール・銅水和剤200倍で24時間種子消毒

○播種
 5月12日に実施(育苗箱に手播き)、ハウス内で育苗(「みなちから」のみ4月17日播種)

○田植え
 田植機で実施(21cm×30cm設定)
展示中の品種一覧
hinsyuitiran.gifの画像

○展示ほの経過写真(クリックするとPDFファイルが開きます)
このページの先頭へ