独立行政法人
家畜改良センター宮崎牧場

家畜の改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

家畜のふん尿処理

最終更新日 2018/06/14

宮崎牧場では、飼養する肉用牛及び豚のふん尿の処理を適正に処理しています。
kachikufunnyou-1の画像
kachikufunnyou-2の画像

主なふん尿処理施設

○堆肥処理システム

1.概要
宮崎牧場ではロータリー式自動攪拌装置による家畜ふん尿の堆肥化処理を行っています。原料置き場に集められた生糞尿(水分70%~85%程度)に水分調整材としてSPF豚舎等の糞乾燥物を加え、水分を60~65%に調整後、切り返しを実施し、その後攪拌槽に投入します。堆肥は1~2ケ月かけて攪拌されながら発酵・堆肥化及び乾燥(水分40%前後)を行い、攪拌槽出口より排出されます。生産された堆肥は、①圃場還元用②水分調整材用③家畜敷料用のそれぞれの用途に使用しています。

2.処理工程
ふん尿-1(2)の画像
(1)更褥物の排出
ふん尿-2(2)の画像
(2)水分調整材による調整
  (水分含量60~65%を目安)
ふん尿-3(2)の画像
(3)ホイルローダーによる切り返し
ふん尿-4(2)の画像
(4)攪拌装置への投入・攪拌
ふん尿-5(2)の画像
(5)攪拌槽出口より排出
ふん尿-6(2)の画像
(6)堆肥舎に一時堆積
ふん尿-7(2)の画像
(7)各用途へ利用(圃場還元・水分調整・敷料)

○汚水処理システム

宮崎牧場では、神奈川県畜産技術センターで開発された回分式活性汚泥方式を取り入れ、低コストの汚水処理を行っています。
〔神奈川方式〕
神奈川県農業技術センターで開発された回分式活性汚泥法式システムです。管理が簡単であり、維持費も比較的安いのが特徴です。
kachikufunnyou-5(1)の画像
このページの先頭へ