独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

山羊の冬期飼料用に雑草サイレージをつくってみませんか?

最終更新日 2017/03/27

草の潤沢なこの時期に山羊の冬期飼料用として、雑草サイレージをつくってみませんか。
当場では、耕作放棄地の雑草を材料としたサイレージ作りに取り組んでいます。昨年は、プラスチックドラムを用いてサイレージ作りに取り組み、栄養価も悪くなく(乾物当たりTDN 51.4)、山羊の嗜好性も良好な製品ができました。雑草サイレージの作り方については、
「山羊飼養管理にかかる技術情報」 ページに掲載しております。なお、雑草サイレージは植生によって発酵や栄養価が異なりますので、サイレージを山羊に与える際には山羊の状態をよく観察し、適宜補助飼料等を与えて下さい。
草を収穫した耕作放棄地(カヤ、ヒメジヨン、ヨモギ、オーチャードグラス主体)の画像
草を収穫した耕作放棄地(カヤ、ヒメジヨン、ヨモギ、オーチャードグラス主体)
漬物樽への詰込み作業の画像
漬物樽への詰込み作業
PP袋へ詰込みの画像
PP袋へ詰込み
このページの先頭へ