独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

韓国における口蹄疫の続発について

最終更新日 2017/02/13

平成29年2月5日、6日にかけて韓国の2農場で口蹄疫(O型)が発生しました。今回の発症原因となった口蹄疫ウイルスは直近3年に韓国国内で発生した口蹄疫ウイルスとは異なる系統のウイルスであると公表されています。同国への新たなウイルスの侵入事例が確認されたことは地理的に近い日本への本病ウイルスの侵入リスクが極めて高い状況にあることを意味します。山羊飼養者の皆様におかれましては日頃より防疫対応に取り組まれていることとは思いますが、より一層ご留意いただきますようよろしくお願いします。

「飼養家畜の異常の早期発見・通報!」をお忘れなく。

<参考>
韓国プレス別ウインドウで開きます
[PDFファイル:91.8KB]
このページの先頭へ