独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

第22回群馬県畜産共進会《山羊の部》 市場調査

最終更新日 2018/11/12

 8月31日に全農ぐんま・渋川家畜市場にて群馬県畜産共進会《山羊の部》(競り売り)が開催されました。
 この市場には登録された日本ザーネン種のみが出品されており、群馬県内の山羊農家が育てた山羊が36頭出品されていました。出品頭数は昨年度よりも減少したものの、出品されている山羊は発育資質ともに良好でした。
 共進会後の交換会(競り売り)には、満1歳未満の山羊、雄6頭、雌15頭の合計21頭が出品され競り売りが行われました。平均落札価格は、雄で40,000円、雌で106,600円となり、昨年に比べ雄で約10,000円下回り、雌で約13,000円上回る落札価格となりました。雄山羊の価格は4万円前後で横ばいですが、雌山羊の価格上昇傾向は続いてるように思われました。
 
このページの先頭へ