独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

山羊関連年表

最終更新日 2017/08/21

飼養頭数の黒字は畜産統計、括弧書きは家畜改良関係資料(明け2才以上雌、繁殖供用雄の頭数)でいずれも2月1日現在のものです。
西暦年和暦年飼養頭数山羊関連事項
1878明治11
乳用山羊をフランスから輸入(松方正義)
1899明治3258,694山羊が初めて統計に載った
1908明治4183,352
1910明治4391,730日本最初の山羊組合結成(長野県塩名田)
1911明治44100,081山羊の飼養頭数が10万頭を上回る
1919大正8128,504
1922大正11150,600山羊の飼養頭数が15万頭を上回る
1923大正12158,900
1924大正13157,900山羊のみの共進会開催(第1回)長野県小諸市
1925大正14168,300
1926昭和元179,100
1927昭和2195,000
1928昭和3208,300山羊の飼養頭数が20万頭を上回る
1929昭和4214,400
1930昭和5217,200
1931昭和6218,900
1932昭和7229,000
1933昭和8236,000
1934昭和9253,800
1935昭和10277,900
1938昭和13281,800畜産試験場長野支場設置
1939昭和14286,700乳用山羊人工授精研究開始(畜試長野支場 )
1940昭和15300,600山羊腰麻痺の原因究明がなされた
1941昭和16山羊の登録開始(長野県畜産組合連合会)
1942昭和17322,100
1943昭和18370,400乳用山羊の審査標準作成
1944昭和19387,200沖縄の山羊飼養頭数が統計から外れた(~昭和47年まで)
1945昭和20250,300終戦(第2次世界大戦)
1946昭和21211,700長野、岩手、福島、高知、宮崎の5種畜牧場で山羊の育種開始
1947昭和22278,000
1948昭和23
1949昭和24458,000日本の乳用山羊を「日本ザーネン種」と命名
日本山羊等録協会設立
山羊泌乳能力検定事業実施(長野、群馬、神奈川、新潟)獣医師法制定
1950昭和25413,300日本山羊登録協会が社団法人化
家畜改良増殖法制定
1951昭和26465,600家畜伝染病予防法制定
1952昭和27500,800山羊の頭数が緬羊の頭数を下回る(~昭和37年までの11年間)
1953昭和28491,500
1954昭和29531,000酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律制定
1955昭和30533,000第1回全国緬羊山羊共進会開催(東京・上野)
1956昭和31630,700沖縄の山羊飼育頭数のピーク
1957昭和32669,200山羊飼育頭数のピーク
1958昭和33621,800
1959昭和34589,200緬羊肉、山羊肉の輸入自由化
1960昭和35560,900
1961昭和36519,900第2回全国緬羊山羊共進会開催(福島)
農業基本法及び畜産物の価格安定等に関する法律制定
1962昭和37498,600第1回家畜改良増殖目標公表
1963昭和38464,200
1964昭和39400,600
1965昭和40325,100
1966昭和41280,500
1967昭和42245,900
1968昭和43222,900シバヤギの実験動物化開始(東京大学)
1969昭和44197,600第2回家畜改良増殖目標公表
1970昭和45164,500高知種畜牧場廃場(山羊改良は長野牧場のみに)
1971昭和46160,200
1972昭和47130,100沖縄の返還
1973昭和48137,000
1974昭和49124,000
1975昭和50110,800第3回家畜改良増殖目標公表
1976昭和51 94,400
1977昭和52 82,200
1978昭和53 78,500
1979昭和54 70,700
1980昭和55第4回家畜改良増殖目標公表
1981昭和5661,700 
(39,451)
輸入めん羊から乾酪性リンパ節炎発見
1982昭和5759,900 
(40,096)
国際山羊協会設立(米国)
(社)日本山羊登録協会と(社)日本緬羊協会の合併
1983昭和5857,300 
(37,396)

1984昭和5954,400 
(35,737)
めん羊において国内初のスクレーピー発生
1985昭和6050,500 
(38,635)

1986昭和6147,500 
(32,339)

1987昭和6247,600 
(27,092)

1988昭和6341,000 
(23,201)
第5回家畜改良増殖目標公表
1989平成元36,500 
(27,388)
長野牧場でシバヤギの系統造成開始
スイスで山羊がCAE感染率83%であることが判明
1990平成234,500 
(25,766)
種畜牧場から家畜改良センターへ改組
1991平成336,500 
(25,899)

1992平成435,100 
(24,643)

1993平成533,800 
(22,567)

1994平成631,000 
(21,455)

1995平成7(19,193)
1996平成8(18,823)第6回家畜改良増殖目標公表
1997平成928,500 
(20,156)

1998平成10(20,755)第1回全国山羊サミット(宮崎)開催
長野牧場米国から山羊輸入(雄4、雌4)
1999平成11(19,987)全国山羊ネットワーク設立(6/19)
第2回全国山羊サミット(沖縄)
食料・農業・農村基本法制定
2000平成12(21,134)第7回家畜改良増殖目標公表
「ヤギの友」創刊
第3回全国山羊サミット(愛知)
国内初の体細胞クローンヤギ誕生
2001平成13(21,541)第4回全国山羊サミット(長野)
家畜改良センター独立行政法人化
2002平成14(21,982)山羊関節炎脳脊髄炎の国内初確認
第5回全国山羊サミット(北海道)
2003平成15(22,219)第6回全国山羊サミット(茨城)
(社)日本緬羊協会が(社)畜産技術協会に吸収合併
2004平成16(21,327)第7回全国山羊サミット(群馬)
2005平成17(19,823)第8回家畜改良増殖目標公表
第8回全国山羊サミット(福島)
食育基本法成立
伝達性海綿状脳症の検査対象に山羊・めん羊追加
2006平成18(16,428)第9回全国山羊サミット(岩手)
2007平成19(14,845)長野牧場におけるシバヤギの種畜配布業務終了(配布業務を民間へ移譲)
第10回全国山羊サミット(鹿児島)
2008平成20(14,702) 第11回全国山羊サミット(京都)
2009平成21(14,033)家畜改良センター茨城牧場長野支場に改称
長野支場における種山羊配布業務終了
第12回全国山羊サミット(新潟)
2010平成22(13,771)第9回家畜改良増殖目標公表
2011平成23長野支場における育種改良素材としての山羊配布業務開始
第13回全国山羊サミット(沖縄)
2012平成24
このページの先頭へ