独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

種子検定

最終更新日 2016/10/11

・検査方法
種子生産ほ場からの収穫・精選・梱包を経た種子荷口から試料を採取し、種子の物理的純度(純種子、異種子、きょう雑物の割合)の測定をISTAの「国際種子検査規程」に準じて行います。結果は、ISTA国際種子証明書にて報告します。
img_shusi_1.jpgの画像

                                         ・判定基準
区分純種子率
(%以上)
異種子率
(%以下)
きょう雑物率
(%以下)
発芽率
(%以上)
イタリアンライグラス980.22.090
ペレニアルライグラス980.22.090
ハイブリッドライグラス980.22.085
オーチャードグラス900.210.085
ローズグラス851.015.040
アカクローバ990.21.085
シロクローバ990.21.085
アルファルファ990.21.085
トールフェスク980.22.085
メドウフェスク980.22.085
フェストロリウム980.22.085
バヒアグラス901.010.060
シバ(種子)950.25.060
チモシー980.22.085
ギニアグラス901.010.040
カラードギニアグラス901.010.040
スムーズブロムグラス980.22.085
トウモロコシ980.12.090
ソルガム980.12.080
エンバク950.15.085
オオムギ950.15.090
イネ(飼料用)950.15.085
このページの先頭へ