独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

長野支場が引き続きISTA認定検査所として認められました

最終更新日 2021/06/25

 当場は、国際種子検査協会(ISTA(本部:ジュネーブ))の認定検査所として、種子の品質に係る検査証明書(ISTA国際種子証明書)を発行できる権限を有し、日本で唯一、飼料作物種子の幅広い認証活動を展開しています。
 ISTA は、国際的に流通する種子の品質を確保するため、種子に関する検査手法のルールを定め、世界的なネットワークを持ち活動している機関で、現在、77か国・地域227検査所等を会員とし、うち62か国・地域142検査所が認定検査所となっています。この認定検査所となるためには、種子検査に特化したISTAの認定基準( ISTA Laboratory Accreditation Standard)を満たし、3年毎に監査を受けなければなりません。
 当場は、2003年に認定検査所となり、2021年2月に7回目の監査を受けました。今回は、「COVID-19」の影響により監査員が来日できないため、オーストリア、イタリア及び米国の3名の監査員と長野支場の4か所によるリモートでの監査となりました。リモートでの監査は初めてでしたが、監査員からは、品質管理、試料採取及び検査技術に対して高い評価をいただき、引き続き認定検査所として認められました。今後も、ISTA 認定検査所として、高品質な種子検査を提供できるよう努めて参ります。
ミーティングの画像
ミーティング
テクニカルの画像
テクニカル
ISTA認定書(2021年5月10日発行)の画像
ISTA認定書(2021年5月10日発行)
このページの先頭へ