独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

2021年OECD種子スキーム年次総会に出席しました

最終更新日 2021/06/25

 2021年6月10、11日に、OECD(経済開発協力機構)種子スキーム年次総会がリモート会議で開催され、当場職員が日本代表として出席しました。当初は、6月10、11日にエストニア国タリンで開催される予定でしたが、「COVID-19」の影響により、昨年に引き続きリモート開催となりました。このため、開催時間も短縮され、両日とも日本時間の20:00~22:30(パリOECD本部13:00~15:30)の開催となりました。
 OECD品種証明制度は、OECDが国際的に標準化した相互証認制度で、作物の種子が国際間で流通する際に、種子が生産された国の指定機関が、その種子の品種について真正性を保証するものです。わが国では、農林水産省が指定機関、家畜改良センターが実務機関となっており、長野支場では飼料作物種子の各種検定とOECD品種証明書の発行を行っています。
 年次総会は、この制度の運営に係る様々な議論を行うため、一年に一度、OECD本部のあるフランス パリとその他の国で交互に開催されています。総会では、種子スキーム加盟国(61か国)の代表者が参加し、事務局及び加盟国の活動報告、規程及びガイドラインの改訂等、様々な議論が行われます。今回も、短い開催時間でしたが、各国代表者から多くの意見が出され議論が行われました。来年2022年の年次総会は、エストニア国タリンで6月に開催される予定です。
会議の様子の画像
会議の様子
このページの先頭へ