独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

続ナゾの白い袋、多数現る  ~ソルガムの遺伝資源保存事業~

最終更新日 2016/09/27

長野牧場では農業生物資源ジーンバンク事業のサブバンクとして、ソルガムの遺伝資源保存に取り組んでいます。
夏に白い袋をかけて他の系統との交雑を防ぎながら育てた(写真左)ソルガムは、10月に穂の部分を切り取って収穫し、お互いに混じり合わないよう網袋にいれて乾燥(写真中央)し、脱穀・精選しました。今年は約70kgの種子が収穫されました。
長野支場では、収穫した種子の色などの形質を調査し(写真右)、夏の間に調査した草丈や出穂日などの形質と併せて整理した上で、調査結果と生産した種子をセンターバンクである、つくばの(独)農業生物資源研究所に送付します。センターバンクではこれらの種子を長期保存し次世代に引き継ぐとともに、国内外の育種機関等からの求めに応じて新しい品種を育成する材料として提供しています。
白い袋がかかったソルガムの画像
白い袋がかかったソルガム
収穫されたソルガムの画像
収穫されたソルガム
形質調査用種子  の画像
形質調査用種子
このページの先頭へ