独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

個別研修:種子の試料採取(サンプリング)日本草地畜産種子協会から受け入れ

最終更新日 2016/09/29

11月16日~17日にかけて1名の研修生を受け入れ、ISTA(国際種子検査協会)の国際規定に基づいた、種子の試料採取に関する研修(講義と実習)を実施しました。
今回の研修生は日本草地畜産種子協会の職員で、飼料作物種子の品質検査や、飼料イネ種子の生産調整・配布を担当しており、業務を行う上でサンプリング技術が必要不可欠です。
1日目は国際規定で定められているサンプリングの目的、詳細な手順及び留意点について講義を行いました。
2日目は実際の荷口を用いてサンプリングの実習を行いました。研修生からは 「 サンプリングの重要性や、普段とは異なるタイプのトライアー(試料採取器)を使った正確な手順を学ぶことができ、大変参考になりました。 」 というコメントをいただきました。
講義の画像
講義
実習の画像
実習
このページの先頭へ