独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

種苗検査セミナーで当場職員が講師を務めました

最終更新日 2016/09/27

2月24日に第2回種苗検査セミナーが東京(八丁堀)で開催されました。 
主催の(株)ファスマックは、遺伝子解析、検査試薬の製造・販売等の事業を応用して、種苗検査に特化した受託検査サービスを提供している会社です。
長野支場で過去に2回、ファスマックから研修生を受け入れていることがきっかけとなり、このたび、当場の早坂がISTA 「 国際種子検査規程 」に基づくサンプリング手法の講師として派遣要請を受けました。
昨年10月の第1回のテーマは「 種苗流通におけるリスク評価と検査技術 」、今回は「 種苗流通に関わるサンプリングと検疫(遺伝子組換え作物・病理) 」であり、当場講師の他、農林水産省 消費・安全局と東京農業大学の講師が講演を行いました。
セミナーには55名の関係者が参加し、ISTAルール、各場面におけるサンプリング方法、長野支場における各種検査、個別研修の対応等について質問が出され、関心の高さがうかがえました。
飼料作物種子の公的なISTA認定検査所として、今後も外部からの要望に積極的に対応するよう、努めて参ります。

55名の参加者の画像
55名の参加者
サンプリング手法について講演の画像
サンプリング手法について講演
このページの先頭へ