独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

2013年度 イネ科牧草の簡易収穫適期の判定法の確立

最終更新日 2016/09/27

1.目的
イネ科牧草において、積算温度および穂の水分データを利用した収穫適期の判定方法を確立し、原種子の効率的な生産に資する。

2.実施年度
平成25年度 (実施期間:平成23年度~平成26年度)

3.要約
平成25年度に生産したイタリアンライグラス晩生品種(以下:IR)およびオーチャードグラス(以下:OG)について、出穂始からの単純積算温度、穂の水分および穂の外観と採種量および種子品質の関係を考察し、収穫適期を検証した。この結果、IRについては、出穂始からの単純積算温度0℃、穂の水分55%、穂軸の先端約10%が変色した時が、また、OGについては、出穂始からの単純積算温度900℃、穂の水分45%、穂首下から止葉までの約33%が変色した時が、それぞれの収穫適期であることが示唆された。

4.成果の概要
IRおよびOGについて、収穫適期と考えられる出穂始からの単純積算温度、穂の水分および穂の外観の変化について数値で得ることが出来た。これらを、晩生のイタリアンライグラスおよび早生のオーチャードグラス収穫適期判断指標として用いることが出来る可能性が考えられた。
他の草種および早晩性で指標の確立されていないものについても、今後データを収集し、技術を確立していく。

5.具体的データ(出穂始めからの単純積算温度と種子収量、発芽率、千粒重および穂の含水率の関係図)※オレンジ色の線が適期と考えられる時期。
2013image.pngの画像
2013image2.pngの画像
2013image1.pngの画像
2013image3.pngの画像
図.出穂始からの単純積算温度と種子収量、発芽率および千粒重の関係(左)
  および出穂始からの単純積算温度と穂の水分量および穂の変色程度の関係(右)
このページの先頭へ