独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

施設栽培

最終更新日 2016/09/27

施設栽培

マメ科の牧草はハチにより授粉し種子ができることから、花に訪れるハチの活動により採種量が大きく変わります。特に、日本の気候は開花から結実期間中(5月中旬~7月中旬)に降雨が多いため、露地でのマメ科の採種は種子収量の確保が難しいです。
このことから、当場ではマメ科牧草の施設栽培を行っています。この方法により、降雨でハチの活動が抑制されず、安定した採種性を確保できます。特に天候不順年での採種性が露地に比べ大幅に向上されます。
当場の施設栽培は、地植えとバケツやプランターを用いた栽培を行っています。

地植栽培

整地後、灌水装置を設置し、マルチを敷きますの画像
整地後、灌水装置を設置し、マルチを敷きます
育苗した苗を移植しますの画像
育苗した苗を移植します
(シロクローバ)開花揃期にはマルハナバチを放飼しますの画像
(シロクローバ)開花揃期にはマルハナバチを放飼します
(アルファルファ)開花揃期にはマルハナバチを放飼しますの画像
(アルファルファ)開花揃期にはマルハナバチを放飼します
シロクローバ刈取り間近の画像
シロクローバ刈取り間近
刈取りは、手作業で行います。乾燥後、小型コンバインで脱粒します。の画像
刈取りは、手作業で行います。乾燥後、小型コンバインで脱粒します。

ポット栽培

葉や茎が育ちすぎ繁茂するとハチの活動が妨げられたり、種子が蒸れて腐ったりすることがあります。
施設ポット(プランター・バケツ)栽培で、灌水を調整することにより茎葉の伸長を抑制し、牧草の繁茂を防止することができます。
プランターやバケツに土を詰め、並べますの画像
プランターやバケツに土を詰め、並べます
花や莢を濡らさず、穂発芽を防止する点滴灌水装置の画像
花や莢を濡らさず、穂発芽を防止する点滴灌水装置
ポット毎の散水量が均一な点滴灌水装置の画像
ポット毎の散水量が均一な点滴灌水装置
シロクローバの開花揃期の画像
シロクローバの開花揃期
アルファルファの開花揃期の画像
アルファルファの開花揃期
開花揃期にマルハナバチを放飼しますの画像
開花揃期にマルハナバチを放飼します
マルハナバチによる受粉の画像
マルハナバチによる受粉
花(莢)をひとつひとつ手で摘みますの画像
花(莢)をひとつひとつ手で摘みます
プランターやバケツ栽培の場合は、1度目収穫後に再生した植物体の2度目の収穫も可能ですの画像
プランターやバケツ栽培の場合は、1度目収穫後に再生した植物体の2度目の収穫も可能です
シロクローバの花の画像
シロクローバの花
シロクローバの結実の画像
シロクローバの結実
アルファルファの花の画像
アルファルファの花
アルファルファの結実の画像
アルファルファの結実
このページの先頭へ