独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場長野支場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

ナゾの白い袋、多数現る~ソルガムの遺伝資源保存事業~

最終更新日 2016/09/27

今年も牧場のほ場に多数の白い袋が出現しました。袋を掛けている植物は、「ソルガム」という作物で、主に牛のえさとして、青刈、乾燥、サイレージ利用されます。
長野支場では、独立行政法人農業生物資源研究所をセンターバンクとする農業生物資源ジーンバンク事業のサブバンクとしてソルガム種子の増殖(種子の生産)と特性調査を担当しています。この事業は、国内外の動植物を資源として収集・保存し、次世代に引き継ぐとともに、新しい品種を育成する際の材料としても利用するものです。
例年100系統以上、個体数にして3000株以上の穂の部分に白い袋をかぶせますが、これは、他の系統の花粉と互いに交雑することを防ぎ、遺伝的に純粋な種子を得るため行う作業です。各系統の由来は国内、アジア、アフリカ各国、アメリカなど様々ですが、その姿も千差万別です。
今後、実が熟す9月下旬から10月上旬にかけて穂の部分を収穫し、乾燥・調製するとともに特性調査(草丈、茎の太さ、穂の形など)のデータを取りまとめ、農業生物資源研究所に種子を送付します。
駒場公園方面から来ると、交差点の左側に袋の掛かったソルガムが見えて来ますの画像
駒場公園方面から来ると、交差点の左側に袋の掛かったソルガムが見えて来ます
草丈の高いもの、低いもの、茎の太いもの、細いもの・・・様々な個性がありますの画像
草丈の高いもの、低いもの、茎の太いもの、細いもの・・・様々な個性があります
1本ずつ丁寧に袋を掛けていきますの画像
1本ずつ丁寧に袋を掛けていきます
日付を記入してから袋を掛けます。この日付は穂の出た日として記録します。特性調査の一つです。の画像
日付を記入してから袋を掛けます。この日付は穂の出た日として記録します。特性調査の一つです。
このページの先頭へ