独立行政法人
家畜改良センター新冠牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

粗飼料生産業務

最終更新日 2017/06/20

● 粗飼料生産業務

・当場で繋養している乳用牛の粗飼料生産を行っています。
・飼料生産ほ場は約423ha(うち とうもろこし約80ha)で、大型機械体系により効率的な粗飼料生産に取り組んでいます。
P1030359.JPGの画像
飼料区分 H28年実績 H29年計画
乾牧草(敷料含む) 827トン 366トン
グラスサイレージ 586トン 703トン
ラップ乾草 1,054トン 333トン
とうもろこしサイレージ 1,215トン 1,115トン
3,683トン 2,517トン

● 優良品種の普及

・当場では優良品種普及のため、飼料作物地域適応性試験や実証展示圃の設置を行ってます。
・地域適応性検定試験
試験系統一覧
種類 系統名 試験期間
オーチャードグラス 北海32号 H29-H31
オーチャードグラス 東北8号 H29-H31
トウモロコシ 北交94号 H29
・実証展示圃の設置
図1-2.jpgの画像
展示品種一覧
展示場所 展示品種 展示期間
場内(西1-1) チモシー「なつぴりか」 H29-
場内(西5) チモシー「なつさかり」 H27-
場内(西2-1) トウモロコシ「北交65号」 H28-H29
場外(様似) オーチャードグラス「はるねみどり」
メドウフェスク「まきばさかえ」
H27-
場外(新冠) メドウフェスク「まきばさかえ」 H28-
※展示圃場の詳細は業務課飼料班まで TEL:0146-46-2011
このページの先頭へ