独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

烏骨鶏について

品種の特性

烏骨鶏の画像
烏骨鶏は、小柄であるため肉量が非常に少なく、年間産卵数も170~180個と決して多くないため、実用鶏としての利用には不向きな品種であると言われてきました。
一方、百貨店等の食品売り場では、卵が一個約500円程度の高値(※1)で販売されることもあり、特殊な肉を扱う販売店では、その独特の黒色の肉を目にすることができます。その理由は、烏骨鶏の卵や肉には、ある種の薬効があると考えられているからです。
「本草綱目」によれば、卵は肺病の薬や鎮静剤として利用され、肉は不妊病の薬等に利用されてきたとされています。現在では、薬品としての利用は少なくなってきているようですが、スープ類等にして、健康を保つための食品として広く親しまれてきており、専門で飼養する農家も出てきているようです。

※1:スーパー等での白玉の卵の価格は1パック(Lサイズ、10個入り)で200~250円。

歴史

烏骨鶏の原産地は、中国、インド、ベトナム等の東南アジア方面が有力とされており、日本には、17世紀に渡来したと言われています。その後、日本鶏の一つとして飼養されるようになり、1943年には、天然記念物に指定されました。

岡崎牧場における利用

岡崎牧場では、徐々に育種規模を増やしており、現在、雌を400羽程度飼養しています。また、近親交配によって、烏骨鶏の特徴(球状の鶏冠(とさか)や鉛色の脚等)が失われないように注意しながら、長い世代をかけ、産卵性能を上昇させる方向で育種改良を行っており、岡崎牧場の烏骨鶏の産卵率はピークで7割程度となっています。
なお、烏骨鶏については、平成28年度から実用鶏を目指して交配試験も開始しています。
参考文献
  • 欧州家禽図鑑、鶏と人民族生物学の視点から、食品価格動向調査(農林水産省)
関連ページ
このページの先頭へ