独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

平成27年度交流促進会及び研究講座の概要

中部日本養鶏研究会(会長:独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場長、山本洋一)は、平成27年10月23日、愛知県岡崎市内で交流促進会と研究講座を開催し、約30名の養鶏関係者が参集しました。

開催挨拶で山本会長は、「養鶏を取り巻く情勢は、鶏卵・鶏肉共に現在のところ価格の面で高い水準が続いており、猛暑や台風、集中豪雨等の被害はあったが、経営的には比較的恵まれた状況が続いていると思われる。しかし、先日TPP交渉大筋合意という結果となり、今後ますます国際化の進展が予想される中、安い輸入品の増加に対抗できるような生産コストの低減、差別化の取組等の国内対策が求められるところである。中部日本養鶏研究会は、設立以来50年以上経過し、その間、養鶏に関する知識や技術情報の交換、関係者の交流等の活動を続けているが、このような取り組みは、前述のような混迷する農業、養鶏業の変化の中で、今後益々大事にしていかなければならないと認識しており、今後とも力を入れていきたいと考えている。」と述べました。

交流促進会では、静岡県畜産技術研究所中小家畜センター、岐阜県畜産研究所養豚・養鶏研究部(関試験地)、愛知県農業総合試験場畜産研究部養鶏研究室、岡崎牧場から最近の調査研究等について、その一端をご報告いただきました。

また、研究講座では、株式会社味香り戦略研究所マーケティングサービス部の井上貴元チーフマネージャーから、「味の数値化と販促で鶏卵の味を「おいしい!」と訴える」についてご講演をいただきました。

交流促進会(13:35~14:55)

新銘柄鶏「フジ小軍鶏」の最適冷凍・解凍方法の解明
平成27年度写真①中川佳美(静岡県)の画像

中川佳美氏
(静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター)
採卵鶏へのモミ米給与試験について
平成27年度写真②立川昌子(岐阜県)の画像

立川昌子氏
(岐阜県畜産研究所養豚・養鶏研究部(関試験地))
肉用名古屋コーチンにおける間欠照明による生産性の改善
平成27年度写真③宮川博充(愛知県)の画像

宮川博允氏
(愛知県農業総合試験場畜産研究部養鶏研究室)
「岡崎おうはん」最近の状況について
平成27年度写真④山本力也(岡崎牧場)の画像

山本力也氏
(独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場)

研究講座(15:10~16:15)

味の数値化と販促で鶏卵の味を「おいしい!」と訴える
平成27年度写真⑤井上貴元(味香り戦略研究所)の画像

井上貴元チーフマネージャー
(株式会社味香り戦略研究所マーケティングサービス部)
「おいしさ」の構成要素を科学的に分析し、客観的に表すことができる味覚センサーをコア技術として、様々な企業の商品PR、マーケティング等を支援している事例をご紹介いただきました。企業側のニーズに応えるよう多様な味データの使い方を工夫し、生卵と加熱卵の味の比較等、官能調査も交えた差別化とおいしさを訴え、販促につなげる大変有意義な内容でした。

関連ページ
このページの先頭へ