独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

海外集団研修(平成19年度実施分)

10月15日(月)から30日(火)まで岡崎牧場で実習を行いました。また、10月31日(水)から7日(水)まで、愛知県及び岐阜県内の養鶏関係施設の視察等を行いました。実習内容、視察先については以下のとおりです。

実習プログラム

実習内容
10月15日
(1日目)
開講式、牧場の概要説明、牧場の業務、牧場防疫、入卵作業
10月16日
(2日目)
発生作業、ワクチン接種、育雛管理
10月17日
(3日目)
卵質検査
10月18日
(4日目)
種鶏及び産卵期の管理、衛生関連講義・実習
10月19日
(5日目)
種鶏の管理、人工授精
10月22日
(6日目)
雛の管理・デピーク、衛生実習
10月23日
(7日目)
検卵、衛生実習
10月24日
(8日目)
人工受精、衛生実習
10月25日
(9日目)
人工授精講義、衛生実習
10月26日
(10日目)
人工授精、衛生実習
10月29日
(11日目)
解体
10月30日
(12日目)
鶏育種、総括討議・終了

実習風景


検卵

人工授精の為の精液採取

衛生実習

視察

視察先
10月31日
(13日目)
三州食品、動物検疫中部空港支所
11月1日
(14日目)
トヨタ自動車、中部飼料
11月2日
(15日目)
(公社)畜産技術協会、鑑別師養成所
11月3日
(16日目)
岡崎市農業祭
11月5日
(17日目)
(株)後藤孵卵場
11月6日
(18日目)
(株)後藤孵卵場、たまごセンター
11月7日
(19日目)
慈恵園

視察先での様子


鑑別師養成所で
肛門鑑別指導を受講


岡崎市農業祭に
岡崎牧場職員とともに出店!

研修員国籍(順不同)

ブルキナファソ、エチオピア、ミャンマー、ニカラグア、ナイジェリア、パプアニューギニア、パラグアイ、フィリピン、スリランカ(合計11人)
関連ページ
このページの先頭へ