独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

平成19年度岡崎市農林業祭に出展しました

11月3日(土)、4日(日)の2日間、岡崎市乙川河川敷で開催された岡崎市農業祭に出展しました。両日とも好天に恵まれ、家畜改良センター岡崎牧場のブースは、たくさんの人が来られ盛況でした。
去年と同様に、ヒヨコのふれあい広場の設置、国産鶏や卵のコレステロールなどの栄養に関するクイズの配布、当場が飼養している鶏や当場の沿革等を紹介するパネルの展示を行いました。
クイズに正解した方全員に4個入りのタマゴ(赤玉、白玉、烏骨鶏のピンク卵、アロウカナの緑色卵)を無料配布し、午前午後とも配布開始から1時間あまりでタマゴ600パックを配布しました。
また、今年は新たに職員が着ぐるみでニワトリやヒヨコに扮装し、ヒヨコのふれあい広場と同様、子どもたちに大変人気がありました。また、10月中旬から当場が受け入れた海外研修生9名が、母国語で鶏の部位を説明したり、雄鶏、雌鶏や雛の鳴き声を披露して、多くの人々の関心を引いていました。
今年も、地域住民の方に鶏卵に関する知識の啓発を図るとともに、当場職員が地域住民の皆様と直接交流できる良い機会を得ることができました。

展示パネルとヒヨコのふれあい広場

平成19年度写真②(展示パネル)の画像
平成19年度写真③(ひよこのふれあい広場)の画像

着ぐるみによるPR

平成19年度写真④(しろっぴー)の画像

海外研修生の母国語による鳴き声の披露

平成19年度写真①(海外研修生の声真似)の画像
その他の年度の出展概要
関連ページ
このページの先頭へ