独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

国際養鶏養豚総合展2012に参加しました

平成24年6月6日~8日に、名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)において、3年ぶりに「国際養鶏養豚総合展2012」が開催されました。
この展示会は、養鶏・養豚経営の近代化、効率化を図ることを目的に、採卵鶏・肉用鶏・肉豚等の、生産から流通に関する世界最先端かつ最新鋭の施設・機械器具・資材・技術を一堂に展示するものです。
今回の開催からフードコーナーが新設された他、一般消費者の入場も行われ、この3日間の開催期間の延べ入場者数は21,000人となり、大盛況でした。

家畜改良センター岡崎牧場では、「国産鶏普及協議会」のブースにおいて、「岡崎おうはん」と「岡崎アロウカナ」のパネルの展示、鶏卵の展示、パンフレットの配布を行いました。
国産鶏に興味のある生産者や消費者等が多数来展し、担当者の説明を真剣に聞き入る光景が見られ、新しいこれらの鶏種に高い関心を持っていることが分かりました。

また、フードコーナーでは、家畜改良センターのブースを設け、株式会社太田商店にご協力いただき、「岡崎おうはん」の焼肉の試食や卵・肉等の販売を実施しました。「岡崎おうはん」は、食肉産業展2012で最優秀賞を受賞したこともあり、とても盛況で、食べた方からは大変美味しいという評価が多く、大好評でした。
当場職員にとっても、「岡崎おうはん」等に関心のある方々とお話をする中で、様々なご意見に接したり、他のブースを見学することにより、新しい知識を得られたりと、大変有意義な展示会となりました。

今後も、当場はこのようなイベントに積極的に参加することにより、純国産鶏のメリットやセンター業務をPRしていきたいと考えています。

展示の様子

写真①展示の様子1の画像
写真②展示の様子2の画像
多くの方に来ていただきました

フードコーナー(太田商店のブース/岡崎牧場のブース)

写真③展示の様子3の画像
写真④展示の様子4の画像
多くの方に試食していただきました
関連ページ
このページの先頭へ