独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

開発のコンセプトとその特徴

時代のニーズと岡崎おうはんの特徴

  • 「食の安全保障」への危機感
    • 我が国の風土や食習慣に適した歴史ある「純国産鶏」であり(国産に理解を示す消費者をターゲット)、国内で持続的に「再生産可能」
  • 「地域の地盤沈下」への対応
    • 「地域社会の活性化」(零細農家や差別化を意識する農家向け。地産地消)
  • 「安全・安心」・品質・新鮮がキーワード。卵=安全が絶対条件。健康志向。国産志向。
    • 「高い品質の卵と肉の生産」を目指した育種改良(価格で競争しない品質型)
  • 「卵かけご飯の見直し」(安価、良質、手軽、美味しい、ご飯への回帰)
    • 「大きな卵黄」(卵かけご飯に最適な卵)
  • 「大量生産」への警鐘。手作りの見直し。もったいない思想。アニマルウエルフェアの動き。
    • 「飼料米、エコフィード、平飼い」等への対応を目指した付加価値型
  • 限りある「国内資源の有効活用」への理解
    • 「親鶏と雄ひな」の活用(資源の有効利用)
  • 「トレーサビリティ」と絶対安心のお墨付きが必要な時代
    • 「育種部門まで生産履歴が明確」であり、国が育種改良してきたという信頼感

特徴

  • 強健で環境適応力のある純国産鶏
  • 美しい横斑
  • 高い水準の産卵を長く維持
  • MS~Mサイズが中心で生食用に適した綺麗な赤玉
  • 卵黄が大きく卵かけご飯に最適
  • うま味と歯ごたえのあるジューシーな鶏肉
  • 国が育種改良した鶏でルーツが明らか

作出方法(交配方法)

画像①(交配方法)の画像
関連ページ
このページの先頭へ