独立行政法人
家畜改良センター奥羽牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

未利用地放牧

最終更新日 2017/07/06

未利用地放牧技術の普及

水田跡地等の未利用地の放牧利用を促進するため、17年度から農家の土地での実証展示圃の設置、現地研修会の開催等を実施しています。
設置や取り外しが容易なポリワイヤーの電牧線、ソーラー電牧器等を用い、また自家製の飲水器を活用する等により低コスト化の工夫をした放牧システムの実証展示を行いこれらの放牧技術の普及を図ることとしています。

1、奥羽牧場での取組内容

  • 実証展示圃場の設置
  • 研修会の開催
  • 技術指導
  • 放牧馴致牛の配布
miriyou01の画像

2、取組み状況

平成17年度
平成18年度
平成19年度
平成20年度
このページの先頭へ