独立行政法人
家畜改良センター奥羽牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

未利用地放牧取組み状況

平成19年度

最終更新日 2018/07/12

1、実証展示圃の設置(2箇所は技術指導地区)

  場所 土地区分 面積 放牧頭数 展示(放牧)期間
八戸市 旧放牧地 50a 黒毛成雌3頭 5~11月(昼夜)
八戸市 旧放牧地 70a 黒毛成雌5頭 8~11月(昼間)
田子町 水田跡地 35a 黒毛成雌2頭 7月(昼夜)
三戸町 採草地・原野 80a 黒毛成雌7頭  牧柵設置等の技術指導
南部町 原野等 50a 黒毛成雌3頭  牧柵設置等の技術指導 

八戸市(旧放牧地)の例

miriyou09の画像

2、現地研修会の開催

八戸市の実証展示圃において19年10月16日に開催し、畜産農家、市町村、畜産関係団体等26名が参加しました。
電気牧柵の設置・管理の方法、牛の馴致方法等について質疑応答が行われました。
このページの先頭へ