独立行政法人
家畜改良センター奥羽牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

未利用地放牧取組み状況

平成20年度

最終更新日 2018/07/12

実証展示1

(1) 場所 青森県八戸市南郷区
(2) 放牧実施農家 肉用牛農家
(3) 放牧地の状態・面積 水田跡地・20a
(4) 主な雑草 ヨモギ、ヒメジオン、ギシギシ他
(5) 放牧開始時期 20年8月15日~
(6) 放牧頭数・方法  牛舎に付設しているパドックと一体的に、昼間繁殖牛
4~5頭を放牧し、夜間は畜舎内に収容
(7)  放牧馴致  電気牧柵に2週間馴致させた後に放牧
(8)  放牧施設の概要  
  ・ソーラー電牧  ソーラー式電牧器、電牧線(ポリワイヤー)
    牧柵支柱(絶縁性のもの)
  ・飲水器 既存の施設を活用
miriyou10の画像

実証展示2

(1)  場所 青森県三戸町貝守
(2) 放牧実施農家 肉用牛農家
(3) 放牧地の状態・面積 未利用地・30a
(4)  主な雑草 ヨモギ、オオバコ、ギシギシ他
(5)  放牧開始時期 20年8月26日~
(6)  放牧頭数・方法 牛舎と牛舎裏の未利用地を電牧によって一体化させ、
牛の出入りを自由にした。昼間繁殖牛6~7頭を放牧
し、夜間は牛舎内に収容
(7)  放牧馴致  公共牧場にて電牧経験があるため、人の監視下で放牧
して馴致状態を確認
(8)  放牧施設の概要   
  ・電牧 100V電源用電牧器、電牧線(高張力鋼線)
牧柵支柱(金属支柱+専用碍子)
  ・飲水器  牛舎内のウォーターカップを利用 
miriyou11の画像

このページの先頭へ