独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

めん羊のジーンバンク

最終更新日 2017/06/13

十勝牧場では、日本国内で飼養されている希少なめん羊品種の遺伝資源を凍結精液の形で収集・保存しています。
現在、十勝牧場で保存している品種は以下のとおりです。

コリデール種(Corriedale)

Corriedale.jpgの画像
・ニュージーランド原産の毛肉兼用種
・メリノ種に英国長毛種を交配して作られた
・体重は雄が80~110kg、雌が60~70kg
・産毛量は6.0~10.0kg、毛長は10~15cm、番手は50~58S′
・わが国の歴史の中で最も多く飼われた品種で、性質温順、環境適応性も高く、非常に飼いやすい

マンクス ロフタン種(Manx Loghtan)

Manx Loaghtan.jpgの画像
・イギリス原産の希少品種で褐色の羊毛を持つ
・雄雌とも2~4本の角を持つが、まれに6本や無角のものもある
・体重は雄が平均58kg、雌が40kg
・産毛量は1.5~2.0kg、毛長は8~12cm、番手は48~50S′

フィニッシュ ランドレース種(Finnish Lnadrace)

Finnish Landrace2-s.jpgの画像
・フィンランドが原産で、フィンシープとも呼ばれる
・体重は雄が70~90kg、雌が55~80kg
・産毛量は1.8~3.6kg、毛長は7.5~15.0cm、番手は50~60S′
・産子数が多いことが本種の特徴で、2~4子を産むことが多い

チェビオット種(Cheviot)

Cheviot.JPGの画像
・イギリス原産の山岳種
・体重は雄が80~90kg、雌が55~70kg
・産毛量は2.0~4.5kg、毛長は10~12㎝、番手は48~56s′でツィードに向く

ドーセット ホーン種(Dorset Horn)

Dorset Horn.JPGの画像
・イギリス原産で、雄雌とも有角
・体重は雄が100~120kg、雌が70~85kg
・産毛量は2.5~3.5kg、毛長は6~10㎝、番手は54~58s′

ロマノフ種(Romanov)

Romanov-s.jpgの画像
・ロシア原産の毛皮種
・体重は雄が68~80kg、雌が45~50kg
・産毛量は1.2~1.7kg、毛長は10cm程度、番手は48~56S′
・周年繁殖が可能で産子率も165~250%と高い

テクセル種(Texel)

Texel-s.jpgの画像
・オランダ原産の肉用種
・体重は雄が100~120kg、雌が60~85kg
・産毛量は3.5~5.5kg、毛長は8~15cm、番手は45~56S′
・産肉性に優れ、枝肉歩留まりは55~60%

シュロプシャー種(Shropshire)

Shropshire-s.jpgの画像
・イギリス原産の肉用種
・体重は雄が平均100kg、雌が平均75kg
・産毛量は2.8kg、毛長は10~15cm、番手は54~56S′
・ダウン系種の中では最も多産で、産子率は175%

ブラックフェイス種(Blackfac)

blackface.jpgの画像
・イギリス原産の山岳種
・雄雌ともに有角で、顔と四肢に黒斑がある
・体重は雄が60~70kg、雌が55~60kg
・産毛量は2.0~3.0kg、毛長は20~30cm、番手は28~40S′でカーペットに向く

メリノ種(Merino)

Merino-s.jpgの画像
・スペイン原産のスパニッシュ・メリノ種に由来する毛用種の代表格で、めん羊品種の中で最も繊細な羊毛を生産する
・世界各国で良質羊毛の改良に用いられ、ランブイエ・メリノやオーストラリアン・メリノなど、多くのメリノ系種が作出されている

フライスランド種(Friesland)

Friesland.jpgの画像
・オランダ原産の乳用種
・乳量が多く、1泌乳期で600~1,000kgを生産する
・体格は大型で、雄は120kg程度となる
・産毛量は4.0~6.0kg、毛長は10~15cm、番手は52~54S′

ノーフォーク ホーン種(norefolk Horn)

・イギリスのノーフォーク州やサフォーク州で飼育されていた在来種で、サフォーク種の造成に用いられた。
・産毛量は1.5~2.0kg、毛長は7~10cm、番手は54~56S′

ラフ フェル種(Rough Fell)

Rough Fell♀-s.jpgの画像
・イギリス原産の山岳種で、湿地にも強い
・雄雌ともに有角で、風貌はブラックフェイスに似ているが体格は本種の方がやや大きい
・産毛量は2.5~3.5kg、毛長は20~30cm、番手は32~40S′でカーペットに向く

ヒルラドナー種(Hill Radner)

Hill-Radner.jpgの画像
・イギリス原産の丘陵種
・顔は暗褐色で斑紋があり、雌は無角であるが雄には角がある
・体重は雄が100kg、雌が70kg
・産毛量は2.0~2.5kg、毛長は8~14cm、番手は48~56S′

ジャコブ種(Jacob)

Jacob-s.jpgの画像
・別名をスパニッシュ・ハイボールドといい、難破したスペイン戦によってイギリスにもたらされた品種が起源とされているが、ヘブリデン諸島のセントギルダ種とスペイン系の外来種との交雑によって作られた可能性が高い
・白と黒褐色のまだらの羊毛が特徴で、角は2~4本であるが、6本または無角のものもある
・産毛量は2.0~3.0kg、毛長は8~17cm、番手は44~56S′

ポール・ドーセット種(Poll Dorset)

Poll Dorset.JPGの画像
・オーストラリア原産の肉用種。
・体重は、雄80~93kg、雌60~70kg
・繁殖季節が長く、2年3産が可能。

このページの先頭へ