独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

肉用牛

藤重栄(ふじしげさかえ)

最終更新日 2018/05/31

26年度現場後代検定選抜牛『藤重栄(ふじしげさかえ)』

  ふ じ し げ さ か え

  『藤重栄』

huzisigesakae1.jpgの画像

huzisigesakae2.1.jpgの画像
(一社)ジェネティクス北海道が実施した26年度現場後代検定において、当場産種雄牛「藤重栄」が選抜されました。「藤重栄」は高能力繁殖雌牛の母「すみれ」に「第6栄」を交配して生産された藤良系の種雄牛です。
現場後代検定の調査成績において、全29頭の平均BMSNoが8.1と良好であり、特に去勢牛のBMSNoの平均が8.5と優れた結果となりました。また、ロース芯面積の平均は64.7㎠と良好な結果を示し、脂肪交雑やロース芯面積を中心として、肉質や肉量の改良が期待出来る種雄牛です。

その他枝肉成績は こちら[PDFファイル:761.2KB] から
huzisigesakae3.jpgの画像

huzisigesakae4.jpgの画像

このページの先頭へ