独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼料作物業務

飼料作物種子の供給

最終更新日 2017/03/06

育種から販売まで、牧草種子の流通とその中における家畜改良センターの位置づけについて紹介します。

牧草種子の流通

公的機関にて育成された牧草の種子(育種家種子)は、家畜改良センターにて種子増殖を行います(育種家種子→原原種子・原種子)。
増殖した種子(原種子)は(一社)日本草地畜産種子協会や種苗会社により、海外の大規模なほ場で増殖が行われます(原種子→保証種子)。
このように増殖された種子は、輸入され種苗の小売店等にて販売されます。
種子の流通の画像

原種子を利用した優良品種の普及

家畜改良センター十勝牧場では、公的機関で育成された優良品種の普及を図るため、実証展示ほ場の設置を行っています。
現在、道内に10箇所以上設置しています。
実証展示ほ場の募集案内[PDFファイル:171.9KB]
このページの先頭へ