独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼料作物業務

とうもろこし地域適応性試験等の播種を行いました

最終更新日 2018/05/22

300514 seedingcorn2の画像
5月14日月曜日、種苗課職員とパート職員の計14名でトウモロコシ品種比較・地域適応性検定試験16品種(200粒3反復)及びF1能力検定試験21品種(100粒2反復)、計37品種の播種を行いました。(約20a)
昨日まで雨が続いており播種作業に影響が及ぶと予想していたのですが、当日の天気は快晴で日中の気温は20℃近くになり、播種日和となりました。
今後は担当職員一同、しっかりとしたトウモロコシが育つよう管理作業に励みます。
試験結果は、北海道優良品種の評価の元になるデータや北海道農業研究センター育成品種の評価データとして活用されます。
このページの先頭へ