独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

トピックス

最終更新日 2020/12/25

令和3年馬追い運動の一般公開について

令和3年の一般公開は1月18日から29日を予定しております。
※例年よりも期間が短縮になりますので、ご注意ください。
平日の午前9時30分から1時間程度になります。※一日1回のみの実施です。
なお、土日祝日は実施していません。また、天候、馬場の状況、業務の都合等によって中止することがあります。
※ただし、業務の都合や新型コロナの発生状況によっては、不定期での実施や急遽終了することもありますのでご了承下さい。
IMG_2524.JPGの画像
1.概要
夏の間、放牧地で過ごしていた馬も、冬期間は厩舎や付属のパドックでの飼育となり、どうしても運動不足になりがちです。冬季間の体力・筋力を増強して健康な馬体を維持するとともに、妊娠馬については胎子の過大による難産防止のため、また、育成馬については強健な体づくりのために適度な運動が必要です。
運動している馬たちは、毛色が茶色のブルトン種、白・黒・灰色のペルシュロン種という品種の農用馬です。分娩を控えた馬たちのなかには、体重が1トンを超えるものもいます。
2.運動予定頭数
133頭(R2年12月24日現在)
【内訳】
○雌馬
・妊娠A群:29頭
・妊娠B群:28頭
・不妊群:34頭
・育成群:30頭
○雄馬
・1才群:12頭
※各群の頭数は、馬の状態により増減する場合があります。
3.運動内容
1周800mの走路を、1群あたり3周程度、速歩で運動します(1群15~20分)。
雌馬は4群、雄馬は1群の計5群のうち2~3群を運動します。(群および頭数が増減する場合があります。)
4.来場時の注意
1、新型コロナ感染拡大防止のため、発熱や倦怠感、咳などの症状のある方の来場はお控えください。
2、運動場の手前に検温所を設け、職員が検温を実施させていただきます。検温は、8:30より行いますので、それ以前に来られた方は検温所付近でお待ちください。
3、見学時は、マスクの着用および対人距離確保(3密の回避)にご協力ください。
4、口蹄疫侵入防止のため、防疫対策の強化を図っており、家畜管理エリアに近づく車輌についても
確実なる消毒をお願いしております。十勝牧場入場の際には車輌消毒機を通過し、車輌を確実に消毒していただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。
5、見学場所以外からの撮影、立入禁止区域への立ち入り、馬への接触はご遠慮ください。
6、見学場所には、来客用トイレがありません。ご出発前にお済ませになるか、事務所にお声がけください。
ご来場の際には、 場内案内図[PDFファイル:1.4MB] を必ずご確認ください。
このページの先頭へ