独立行政法人
家畜改良センター鳥取牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

種雄牛情報

最終更新日 2018/03/01

優良種雄牛の作出と全国的利用

Ⅰ.優良種雄牛の作出に関する実績

1.鳥取牧場産後代検定種雄牛
 種雄牛の中から後代検定(現場後代検定)による選抜を経たものが、検定済種雄牛となり、その精液が全国に供給されるようになります。
 鳥取牧場産の後代検定種雄牛を紹介します。
2.能力検定(直接・後代検定)実施頭数
区分 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度
直接検定 20 20 21 21 22 23 21 20 19 21
後代検定
(検定済種雄牛)
8
(3)
7
(1)
12
(0)
4
(1)
13
(2)
10
(1)
9 12 7 3

※平成30年2月末現在

3.自然交配用種雄牛配布実績
年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度
頭数 3 3 6 5 4 10 4 11 7

※平成30年2月末現在

Ⅱ.鳥取牧場産の優良種雄牛(検定済種雄牛)

選抜牛紹介
鳥取牧場産選抜牛一覧
このページの先頭へ