独立行政法人
家畜改良センター兵庫牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

まめ知識

野鳥飛来状況モニタリング<2020秋~2021春>

最終更新日 2021/01/06

2020年9月

9月には,まだ調査を始めていない地域があります.また,後日の公表データに追記されるケースも多いので,カモが飛来し始めたという程度に見てください.
202009Aa_r1116.pngの画像
通年で調査地点の無い県は下記のとおりです:栃木,東京,神奈川,山梨,岐阜,富山,京都,奈良,和歌山,香川,大分.
野鳥へい死リスク:飛来羽数が多くなると野鳥へい死リスクが高くなります.図の色分けで黄色より赤くなるほどハイリスクになります.
202009Bb_r1112.pngの画像
飛来するガンカモ類は,地域によって構成種が異なります.
北海道東北では,ガンやハクチョウが多く,近畿中国ではキンクロハジロやスズガモなどの海ガモが多く見られます.
202009Cc_r1112.pngの画像
飛来羽数が多いのに,野鳥のへい死や農場での発生が見られない地域では,防疫対策の成功の他に,飛来しているガンカモ類の持っているウイルス量が少ない,あるいは病原性が低いということが推察されます.

2020年10月

202010Aa_r1202.jpgの画像
202010Bb_r1202.jpgの画像
202010Cc_r1202.jpgの画像
10月24日に紋別市で採取された野鳥の糞便から高病原性鶏インフルエンザウイルスが検出されました.H5N8亜型です.なお,ほぼ同じ時期に韓国でもH5N8亜型のウイルスが野鳥の糞から検出されています.
野鳥飛来状況(環境省データから作表)
環境省の観察地点は濤沸湖(とうふつこ)で,紋別からは南東へ約95 km離れています.昨冬の飛来データを表にしました.10月から11月にかけて飛びぬけて多いのはオナガガモとマガモです.ところで,表に出てくる鳥の中で,牧場のある播磨西部で見かけないのはオオハクチョウくらいです.圧倒的に多いオナガガモとマガモは,周辺にどれくらいいるでしょうか?
hiraihyou-hokkaidohyogo.pngの画像
兵庫にも,オナガガモやマガモが飛来しますが,他の種類が多いので目立ちませんね.このように,地域が異なると,飛来するカモ類の種類ごとの割合が違うのです.
このページの先頭へ