独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

肉用牛

愛之国(あいのくに)

最終更新日 2018/02/13

26前期現場後代検定選抜牛『愛之国(あいのくに)』

  あ い の く に

『愛之国』

ainokuni2の画像

「愛之国」は、これまでに「 勝忠福 」や「 光彦 」といった優秀な種雄牛を作出してきた当場産「 あいこ 」に「芳之国」を交配して生産した種雄牛です。
ainokuni1_の画像
現場後代検定の調査成績において、全33頭の平均BMSが8.5と良好であり、特に去勢牛のBMSの平均が9.6と同期牛の中で最も優れていました。
また、調査牛の96.9%の牛が4等級以上に格付され平均枝肉重量が492kgを記録するなど肉質や肉量ともに改良が期待される種雄牛です。
ainokuni3_の画像

ainokuni4の画像

このページの先頭へ