独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

当場は、日本の気候風土に適した採卵用種鶏の改良を行い、改良基礎系統を県、民間に配布して国産鶏の振興を図るとともに、改良増殖に関する新技術の開発・実用化を行っています。
この他、改良増殖技術の国内外の技術者への指導・普及、遺伝資源として重要な鶏の保存も行っています。
また、厳密なバイオセキュリティと的確なモニタリング体制により、できる限り薬剤に頼らずに海外のブリーダーに劣らない清浄な種卵やヒナの提供に努めています。
2016年10月7日 10月から鳥インフルエンザ要警戒期間となっております。
このため、ご来場の皆様に引き続きご協力お願いしております。
ご迷惑をお掛けしますが、ご協力をよろしくお願いします。
詳細については、岡崎牧場(0564-46-4581:阿部、渡部)までお問い合わせください。
2015年5月14日 岡崎牧場にご来場の皆さまへ(防疫事項について)を変更しました。ご確認ください。別ウインドウで開きます

お知らせ

0ea178aec6912b29ac30611c5e2f1cdd