独立行政法人
家畜改良センター茨城牧場

家畜改良の推進、優良な種畜の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

業務の内容

当場が配布する精液の衛生条件

最終更新日 2020/05/15

1.精液を採取する種豚について
精液を採取する種豚はすべて当場で生産され、当場でのみ飼養・供用されているものです。
精液を配布する日の3ヶ月以内にAD及びPRRSを検査し、陰性を確認しています。
家畜改良増殖法に基づく種畜検査を受検し、合格した豚からのみ精液採取を行っています。
さらに、過去14日以内に下痢、嘔吐といった豚流行性下痢(PED)を疑う臨床症状を呈していないこと、及びPEDを疑う症状を呈した豚と接触していないことを確認しています。


2.精液を採取する種豚の所属する豚群について
毎月、抗体保有率5%に対して信頼度95%の確率で摘発できる検査頭数を抽出してAD及びPRRSを検査し、陰性を確認しています。また、毎年サルモネラ環境検査を実施し、サルモネラ症の病原体が無いことを確認しています。
なお、当場では過去5年以上、家畜改良センター宮崎牧場以外の施設からの豚精液の導入を行っておりません。また、過去5年以上、AD及びPRRSの発生はありません。


3.ワクチン接種について
CSF(豚熱)ワクチンを令和2年3月2日から接種しています。


4.器具・機材について
精液調製に使用する希釈液、ボトル等は、すべて新品又は所定の消毒を行ったものです。


5.衛生証明書
衛生検査成績、ワクチン歴等について、獣医師による証明書を発行します。


このページの先頭へ