独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

研修

国内個別研修

岡崎牧場では、養鶏関係の方への畜産技術の普及を目的として、以下の内容で個別研修生を受け入れています。
  • 研修内容
    • 卵用鶏の飼養管理
    • 卵用鶏の育種改良
    • 鶏の精液採取、人工授精、凍結精液作成

職場体験学習

当場では、地元小中学生の職場体験学習を実施しています。
体験学習をご希望される方は、岡崎牧場までお問い合わせ下さい。

海外集団研修

海外集団研修(集団研修コース)は、開発途上国の国または国に準じる機関で働く畜産技術者、大学講師、研究員、農業普及員等に対して、畜産に関する基礎から応用までの技術、知識、情報を移転するものです。
家畜改良センターでは「牛人工授精」、「鶏」といった分野ごとにコースを設けています。研修期間は2~4ヶ月程度(コースにより異なります)で、家畜改良センター福島本所の海外研修施設を拠点として講義や実習・演習を受ける他、研修の一環として、関係機関を見学します。
この中で、岡崎牧場は「鶏」の「鶏飼養管理・生産技術及び鶏病対策(平成20年度以降のコース名)」のコースにおける実習・演習を担当し、研修生を10日間受け入れ、鶏育種・生産技術の実習を行っています。
個別研修および職場体験学習に関するお問い合わせ先
  • 家畜改良センター岡崎牧場総務課
    TEL 0564-46-4581
    FAX 0564-46-4587
このページの先頭へ